045-443-7567 事前にご連絡頂ければ時間外も対応いたします。
お気軽にお問合せください。
営業時間
9:00-17:00

横浜市の税理士が教える 相続税で税務調査が入りやすいケースとは?法人の開業サポートも対応

  1. 成田正己税理士事務所 >
  2. 横浜市の税理士が教える 相続税で税務調査が入りやすいケースとは?法人の開業サポートも対応

横浜市の税理士が教える 相続税で税務調査が入りやすいケースとは?法人の開業サポートも対応

相続税の申告でミスが発見されると、税務署の税務調査が行われる可能性が高いでしょう。調査が入ると申告漏れを指摘されるケースが大多数です。もし何もミスがなかったとしても、税務調査は何を言われるかドキドキするものです。そのような事態をできるだけ避けるためにも、正確な申告を徹底しましょう。

こちらでは、相続税の税務調査が入りやすいケースと相続税が税務調査を受けやすい理由を、横浜市で相続税の申告をサポートしている成田正己税理士事務所がご紹介します。

相続税で税務調査が入りやすいケース

電卓で計算する税理士

相続税の税務調査を受けやすいケースの特徴は、主に6つです。

1.申告書の不備が目立つ

申告書の内容に漏れがある、おかしな部分がある場合は、税務調査が入りやすいです。税務署は申告書を機械でスキャンし、簡単な計算間違いがないかをチェックしています。ここで申告書に不備があると、調査対象になる場合があるのです。

2.納税額が多い

税務署は調査対象を選定する、富裕層の管理リストを独自で持っています。高額商品の購入者、国債保有者などをチェックしており、「国税総合管理システム」と呼ばれるシステムで情報を蓄積したのち、リストを作成しているようです。

蓄積された情報の中から、税務署は調査対象の総資産額の予想を立て、その予想と申告書を比較して差が大きい場合、税務調査が入る可能性があります。

3.金融資産をたくさん相続した

相続には大きく分けて金融資産と不動産があります。どちらかというと、金融資産を多く相続した人の方が税務調査の対象になりやすいでしょう。その理由は、土地と不動産の場合、金融財産よりも解釈論になりやすく、解釈論になると指摘が難しいため、金融資産を指摘しようと調査官が考えるためです。

4.頻繁に預貯金が出入りしている

申告書の提出を受けたのち、税務署は預貯金を金融機関に照会します。その結果、入出金が頻繁に行われていた場合、「何らかの売買を繰り返していた」「誰かに貸し付けをしていて回収をした」などと想像されるでしょう。しかし、他人への貸付金は相続財産の一部です。税務署は実地調査を行うため税務調査を行う可能性が高いでしょう。

5.相続税の申告を自分だけで行っている

相続税の申告書には、15種類以上の書類があります。そのうち、1枚目の一番下には、税理士の名前を記入する欄が設けられています。ここが空欄だと税理士をつけずに自己申告をしたことがわかるため、申告に穴があると思われて調査対象になりやすいです。

6.相続税の申告をしていない

相続税の申告をしなくてはいけないのにしていない、という場合も税務調査対象です。税務署は、所得税の申告書などから、賃貸物件や不動産を持っていることを把握しています。相続税の申告をしていない場合は、対象者となるのです。

成田正己税理士事務所は、横浜市にある税理士事務所です。相続税の申告に関するご依頼だけでなく、法人化して開業するための会社設立サポートなども取り扱っております。税務調査はできるだけ避けたいものです。そのためには、きちんと法律に従った相続税の申告をしなくてはいけません。税理士に依頼すると、法律に従って正しい相続税の申告をサポートしてくれます。スムーズに相続税の申告をするためにも、ぜひ横浜市の成田正己税理士事務所までご相談ください。

相続税が税務調査を受けやすい理由とは?

人差し指を立てるビジネスマンとクエスチョンマーク

相続税は、法人税や所得税に比べて税務調査されやすいことがわかっています。実際の件数でいうと、相続税は法人税や所得税よりも調査数が少ないのですが、割合で考えると申告した数のうち、およそ2割強が税務調査を受けています。

相続税の税務調査が入りやすいのには理由があります。まずは、相続税は法人税や所得税よりも高額であること、もう1つは申告内容に漏れがあるケースが多いことが理由です。実際、相続税の税務調査があったほとんどの人が、申告漏れの指摘を受けています。税務調査を受けると、およそ8割近くで申告漏れが見つかっています。

横浜市にある税理士事務所、成田正己税理士事務所では法人税の申告から会社設立の開業サポートなど、幅広い業務を取り扱っています。税務調査を避けるためにも、正しい相続税の申告を行いましょう。相続税の申告・開業手続きのサポートなどのご依頼は、横浜市にある成田正己税理士事務所までご相談ください。

横浜市の税理士に相続税申告や法人化、開業サポートもお任せください

相続が発生してから、相続税の申告は10ヶ月間しかありません。意外と短いため、早めに手続きを始めないと、焦って計算ミスをし、調査対象になってしまうおそれがあります。横浜市の成田正己税理士事務所では、相続税申告のご相談やサポートを行っております。相続税を正確に、スピーディーに申告するお手伝いをさせていただきます。横浜市で相続税の申告を行う際は、ぜひ成田正己税理士事務所にご依頼ください。

横浜市で相続税申告を税理士に依頼するなら成田正己税理士事務所へ

事務所名 成田正己税理士事務所
代表税理士 成田 正己
住所 〒244-0816 神奈川県横浜市戸塚区上倉田町1000 ハイツ山重205号
電話番号 045-443-7567
FAX 045-443-7568
URL https://narita-tax.net/
営業時間 平日9:00-17:00(事前にご連絡頂いていれば時間外土日祝日対応可能)
定休日 土曜・日曜・祝日

成田正己税理士事務所が提供する基礎知識

  • 生前贈与とは

    生前贈与とは

    生前贈与とは、相続が発生する前、つまり生前に子供や孫に財産を贈与することです。 一般的には、相続税の負...

  • 税理士の役割

    税理士の役割

    税理士は「税務に関する専門家」です。税理士には主に3つの役割があります。 〇「税務代理」 税務代理と...

  • 税理士に融資支援を依頼するメリット

    税理士に融資支援を依頼...

    税理士に融資制度の活用を相談することでのメリットは、主に2つ存在します。 1つ目は、綿密に練られた事...

  • 会社設立に必要な手続き

    会社設立に必要な手続き

    会社設立において、必要となる手続きは主に2つあります。 1つは、定款の認証手続きです。定款は作成しただ...

  • 相続税の税務調査

    相続税の税務調査

    ■相続税の税務調査とは 相続税の税務調査とは、相続税の申告が実際よりも少ないと考えられる場合や、申告が...

  • 銀行預金はどのように調べるのか

    銀行預金はどのように調...

    ■被相続人の銀行預金の調べ方 ・銀行口座の有無の調べ方 被相続人がどの銀行の口座を有していたかを...

  • 会社設立を税理士に依頼するメリット

    会社設立を税理士に依頼...

    会社設立を税理士に依頼することで、税金対策・資金調達といった面で大きなメリットを享受することができます...

  • 相続税の申告をしなければいけない財産とは

    相続税の申告をしなけれ...

    ■相続税の申告をしなければいけない財産とは 相続とは被相続人の有していた一切の権利義務関係を承継するも...

  • どんなときに税務顧問が必要か

    どんなときに税務顧問が必要か

    税理士は税務顧問サービスを行っていますが、どのような場合に税務顧問が必要になってくるのでしょうか。 税...

よく検索されるキーワード

ページトップへ